Akaike's Life Archive
本、映画、旅行、自転車、そしてユビキタスの日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌うクジラ
歌うクジラ(上) (講談社文庫)歌うクジラ(上) (講談社文庫)
(2013/10/16)
村上 龍

商品詳細を見る
村上龍によるSFである。
純文学側の人がたまにSFを書くと、感覚がズレていることが多いが、この作品はかなり直球ど真ん中な感じである。
社会問題や性犯罪がテーマの中心になっているのが村上龍らしい。
不老不死の遺伝子が発見された未来の日本。
移民の暴動の後、日本国内は不老不死となったトップのエリートから、性犯罪者の最下層まで徹底的に階層化された。
性犯罪者の子孫が隔離された新出島に住む15歳のアキラは、処刑された父親の遺言に従い、世界を変える秘密を抱えて日本の支配者の元に向かう。

設定や小説の構造は、懐かしいオールドタイプSFを踏襲しているように思える。
虐げられた少年が、仲間ととも王に挑む、と考えると神話にも近い構造である。

しかし、そこは村上龍。
現代日本の問題を元に、それが劇的に進行したデストピアを描いている。
移民の運用の失敗による階層化はあり得ると思うが、未成年への性犯罪がここまで一般化するのはどうかと思う。

この時代の軍隊とも言える民間警備会社が、国から払い受けた警備ロボットが多く登場する。
小型の警備ロボットが、天井いっぱいに張り付いている姿は、とてもリアルで恐ろしい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakaike.blog18.fc2.com/tb.php/1333-e1bb0411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。