Akaike's Life Archive
本、映画、旅行、自転車、そしてユビキタスの日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメを仕事に!トリガー流アニメ制作 進行読本
アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本 (星海社新書)アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本 (星海社新書)
(2014/05/23)
舛本 和也

商品詳細を見る
あの「キルラキル」を制作した「トリガー」のスタッフによる著者である。
中心になるのは「制作進行」。
誰も知らないアニメ制作のディープな世界を味わえる。
制作進行って、権限のないプロジェクト・マネージャだな、と思った。
全ての制作物とスケジュールに責任を持って調整しながらも、若い人が任されることが多いので、ほとんど権限がない。
最悪な仕事である。
確かに、若くしてアニメーション制作の全体像を把握出来ると思うが、この立ち位置では辞める人が多いのも頷ける。

著者自身も「制作進行」出身で、この本は「制作進行」の新人教育のような体裁をとっている。
監督やキャラクターデザイン、作画監督、原画マン程度しかアニメーションのスタッフの役割は知らなかったが、この本を読むといかに多くの人が関わる総合芸術であり、複数の仕事を掛け持つプロによる「仕事」であるかがよく分かる。

流石は「キルラキル」を生んだ会社の本だけあって、フォントや構成が凝っている。
そして、著者の会社とアニメ業界への愛が感じられる本である。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakaike.blog18.fc2.com/tb.php/1332-1003fdbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。