Akaike's Life Archive
本、映画、旅行、自転車、そしてユビキタスの日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゾンビ・マニアック

ゾンビ・マニアックス (ロマンアルバム)ゾンビ・マニアックス (ロマンアルバム)
(2014/08/04)
不明

商品詳細を見る
ジョージ・A・ロメロのゾンビ・サーガについてのファンブックである。
まさか、ここまでマニアックな本が出るとは思わなかった。
どれくらい売れるのだろうか?
ひとごとながら、心配になる。
現代的ゾンビ映画の創造者であるジョージ・A・ロメロのゾンビ・サーガとは、以下の作品である。
・ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド
・ゾンビ(ドーン・オブ・ザ・デッド)
・死霊のえじき(ディ・オブ・ザ・デッド)
・ランド・オブ・ザ・デッド
・ダイアリー・オブ・ザ・デッド
・サバイバル・オブ・ザ・デッド

個人的には初期の3部作で完結していると思っていたが、ロメロ本人はそう思っていないらしい。
この本の一番の収穫は、各作品の制作に関する逸話とロメロのインタビュー(又聞きも多いが)だろう。
特に、初期3部作以降は、何を考えて作ったのか、謎だった。
狭い分野では神様だが、所詮は低予算ホラー映画の監督なので、あまり情報が入って来なかったからだ。

しかし、監督の考えを聞いても、ピンと来なかった。
あまりに社会派過ぎて、ホラーファンにはどうでも良い理由にしか思えない。
「ゾンビ」は消費社会への批判だというのは有名だが、「死霊のえじき」がブッシュ政権の、「ランド・オブ・ザ・デッド」が格差社会への批判と言われても、それでゾンビ映画が楽しくなるとは思えない。

「ゾンビ」の舞台であるショッピングモールのフロアの見取り図があったり、マニアックの名に恥じない充実度である。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakaike.blog18.fc2.com/tb.php/1326-c8d4f9e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。