Akaike's Life Archive
本、映画、旅行、自転車、そしてユビキタスの日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帝都幻談

帝都幻談〈上〉 (文春文庫)帝都幻談〈上〉 (文春文庫)
(2011/04/08)
荒俣 宏

商品詳細を見る
「帝都物語」の幕末版である。
あの加藤が、幕末にも日本転覆を狙っていた!
さすが荒俣先生、と思わせる博物学的知識満載の一大オカルト絵巻だ。
[帝都幻談]の続きを読む
スポンサーサイト
パイレーツ・オブ・カリビア4
人気の海賊映画もいつの間にやら4作目である。
前回、一応3部作が終了したので、今回は登場人物の入れ替えが多い。
いつも通りの楽しい映画だが、それ以上でもない。
[パイレーツ・オブ・カリビア4]の続きを読む
MR4のフロントバックにライト装着
MR4にフロントバックを付けたのはいいが、ライトを付けるスペースが無くなってしまった。
前輪の車軸に付ける方法もあるが、障害物にぶつかって壊れるのが怖い。
色々考えた末、バックのポケットにマグライトを差し込むことにした。
[MR4のフロントバックにライト装着]の続きを読む
僕とおじいちゃんの魔法の塔4

僕とおじいちゃんと魔法の塔(4) (角川文庫)僕とおじいちゃんと魔法の塔(4) (角川文庫)
(2011/05/25)
香月 日輪

商品詳細を見る
おじいちゃんの幽霊の住む魔法の塔に、小学生の孫が同居するこのシリーズも4冊目である。
子供達のパラダイスである塔には、また住民が増え、更に賑やかになっていく。
けれども、世界の悪意や嫉妬はなくならない。
[僕とおじいちゃんの魔法の塔4]の続きを読む
新ゲッターロボ

新ゲッターロボ(1) [DVD]新ゲッターロボ(1) [DVD]
(2004/07/23)
石川英郎、内田直哉 他

商品詳細を見る
とても永井豪らしい、いや石川賢らしいゲッターだった。
子供の頃に読んだマンガ「ゲッターロボ」の雰囲気が、さらにパワーアップしてアニメになった。
愛とかは関係ない、漢の漫画映画である。
[新ゲッターロボ]の続きを読む
ニッポンの書評

ニッポンの書評 (光文社新書)ニッポンの書評 (光文社新書)
(2011/04/15)
豊崎 由美

商品詳細を見る
10年以上本を読んだ感想を書いているが、どのように書いたら良いのか、未だに分からない。
書評について書かれたの珍しい本を発見したので、何か手がかりがあるかと思い、読んでみた。
書評の世界も色々あることは分かったが、方向性を得ることは出来なかった。
[ニッポンの書評]の続きを読む
ブラックスワン

ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラックブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック
(2011/04/27)
サントラ

商品詳細を見る
やっぱり、ホラー映画ではなかった。
だからと言って、悪い映画ではない。
印象に残る、しっかりとして映画だったと思う。
[ブラックスワン]の続きを読む
やればできる

やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力
(2009/12/04)
勝間 和代

商品詳細を見る
勝間和代は、この頃メディアでの露出が多く、めっきり遠い人になってしまった感がある。
久しぶりに読んだ本書は、まわりの人を巻き込んで夢を叶えよう!というテーマである。
相変わらず分り易く、まとめ易い。
[やればできる]の続きを読む
アンダー・ザ・ドーム

アンダー・ザ・ドーム 上アンダー・ザ・ドーム 上
(2011/04/28)
スティーヴン・キング

商品詳細を見る
スティーヴン・キング復活!
上下巻それぞれ600ページを越える大作を、寝る間も惜しんで読ませる豪腕さ。
この頃めっきり大人の作家になってしまったので、そろそろ見限ろうかと思っていたが、ここに来てまさかの先祖帰り。
どうしようもなく陳腐な設定で、リアルに人間を描き切る手腕は流石である。
[アンダー・ザ・ドーム]の続きを読む
越生ヒルクライム
この頃越生町はサイクリングに力を入れている。
観光センターではサイクリング用のマップまで置いてある。
このマップには幾つかのヒルクライムコースが紹介されており、繋げれば周回コースになる。
今回は、マップに従いMR-4でヒルクライムを楽しんだ。
[越生ヒルクライム]の続きを読む
映画版「岳」

「岳-ガク-」オリジナル・サウンドトラック「岳-ガク-」オリジナル・サウンドトラック
(2011/04/27)
佐藤直紀

商品詳細を見る
「岳」は、現在単行本を買い続けている唯一のマンガである。
人気のあるマンガのご多分に漏れず、映画化された。
コマーシャルを見る限り「海猿」の山版にされてしまうのではないかと恐れていたが、そこまで酷くなかった。
[映画版「岳」]の続きを読む
ギフト

ギフト (西のはての年代記 (1))ギフト (西のはての年代記 (1))
(2006/06/21)
アーシュラ・K. ル=グウィン、Ursula K. Le Guin 他

商品詳細を見る
「ゲド戦記」で有名はル・グインが、別のハイファンタジー・シリーズを書いているとは知らなかった。
「ギフト」は、超能力を持つ一族の少年の物語である。
特に凄いところはないが、雰囲気の良い小説だった。
[ギフト]の続きを読む
猪苗代湖一周サイクリングと花見
震災の影響で空いているに違いないと踏んで、今年のGW後半は、猪苗代湖を自転車で走ることにした。
予想に反してきっちり渋滞していたが、猪苗代湖一周はバラエティに富んでいたし、5月なのに見事な桜を見ることが出来た。
[猪苗代湖一周サイクリングと花見]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。