Akaike's Life Archive
本、映画、旅行、自転車、そしてユビキタスの日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
売れるコンサルタントの「仕事の技術」
売れるコンサルタントの「仕事の技術」 (DO BOOKS)売れるコンサルタントの「仕事の技術」 (DO BOOKS)
(2009/02/06)
岡 聡

商品詳細を見る
コンサルタントとはどういう仕事か、多くの人にわかってもらおうという作者の意図通り、コンサルタントの業務内容をリアルに解説している。
勉強になるだけでなく、やっぱりコンサルタントとはそうなんだ、と納得し、妙に安心したりする。
[売れるコンサルタントの「仕事の技術」]の続きを読む
スポンサーサイト
iPhone Desktop Stand
iPhoneには標準でクレイドルが付いて来ない。
充電中に転がしておくのも美しくないので、安いスタンドを買ってみることにした。
これが予想外に美しい。
[iPhone Desktop Stand]の続きを読む
iPhoneSDK3.0。デカっ!
iPhone3GSに乗り換えた後iTunesで同期、時間はかかったが簡単に元のマシンの環境が再現出来た。
でも、どこか違和感がある。
よく見ると、自分の開発したアプリがインストールされていない。
そうか、iPhoneOS 2.x用に開発したからだ。
早速、iPhoneSDK3.0をダウンロードした。
[iPhoneSDK3.0。デカっ!]の続きを読む
うなコン2009夏の陣
今回はちゃんと終電までに退散し、「朝までカラオケ」は避けることが出来た。
翌日は昼まで寝ていたので、結果的には休日を無駄にしてしまったのだが。
[うなコン2009夏の陣]の続きを読む
iPhone3GS購入。速さは正義!
iPhone3Gを購入してから、まだ1年未満。
前の機種の分割払いを抱えたままなので、iPhone3GSへの乗換により、月々の支払いは1万円弱となってしまった。
しかし、それだけの価値はある。
CPUの急激な高速化によって、パーソナルコンピュータの世界では忘れられていたことだが、スピードが速いということは、圧倒的に使い易いのだ!
[iPhone3GS購入。速さは正義!]の続きを読む
iPhone対応スピーカー購入[SDI iHome iP99BR]
SDI iP99 ラジオクロック付きiPod/iPhoneスピーカー IP99BRJSDI iP99 ラジオクロック付きiPod/iPhoneスピーカー IP99BRJ
()
不明

商品詳細を見る
iPod対応のスピーカーは便利に利用していたが、このスピーカーではiPhoneの充電が出来なかった。
iPhoneの音は出せるのだが、別にiPhoneの充電をするのは面倒くさい。
というわけで、AppleStoreでポッチと押して、スピーカーを購入してしまった。
SDI iHome iP99BRというスピーカーである。
これが思っていたよりも音がいい。
[iPhone対応スピーカー購入[SDI iHome iP99BR]]の続きを読む
心霊探偵八雲5
心霊探偵八雲5  つながる想い (角川文庫)心霊探偵八雲5 つながる想い (角川文庫)
(2009/06/18)
神永 学

商品詳細を見る
幽霊が見える赤い片目を持つ八雲が活躍する、心霊ミステリーシリーズの5巻である。

八雲シリーズ文庫版の5巻が発売された。
ハードカバーで4巻まで読んでいたので、やっと文庫版に合流出来る。
[心霊探偵八雲5]の続きを読む
千里眼 ブラッドタイプ
クラシックシリーズ11  千里眼 ブラッドタイプ 完全版 (角川文庫)クラシックシリーズ11 千里眼 ブラッドタイプ 完全版 (角川文庫)
(2009/05/23)
松岡 圭祐

商品詳細を見る
千里眼シリーズは、クラッシック・シリーズがあり、DVD付きのハードカバーもあり、ややこしい状態なので、自分がどこまで読んだかわからなくなってしまった。
本屋で手に取ったこの本も、書き直しであるクラッシック・シリーズではあるが、読んだことのない内容だった。
千里眼シリーズのメインキャストである岬美由紀、嵯峨、一ノ瀬恵梨香の3人が出演する豪華版である。
[千里眼 ブラッドタイプ]の続きを読む
名探偵の掟
名探偵の掟 (講談社文庫)名探偵の掟 (講談社文庫)
(1999/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る
あまりにテレビシリーズが面白かったので、つい原作に手を出してしまった。
本格推理のお約束を守らざる得ない世界に住む名探偵が、自分の状況に愚痴をいいながら解決にしていく短編シリーズが「名探偵の掟」である。
[名探偵の掟]の続きを読む
クラウドソーシング
クラウドソーシング―みんなのパワーが世界を動かす (ハヤカワ新書juice)クラウドソーシング―みんなのパワーが世界を動かす (ハヤカワ新書juice)
(2009/05)
ジェフ ハウ

商品詳細を見る
クラウドコンピューティングかと思ったら、全然違った。
雲ではなく、群衆の意味のクラウドだった。
みんなの意見は意外に正しい、という話である。
[クラウドソーシング]の続きを読む
「お化け屋敷で科学する」と、ガンダムお台場に立つ!
お台場1お化け屋敷を体験しつつ、恐怖とは何か学習する、日本科学未来館の企画展「お化け屋敷を科学する」に行って来た。
せっかくお台場に来たのだからと、潮風公園で建設中の実寸大ガンダムを見学した。
デカい!
そして、カッコいい!
[「お化け屋敷で科学する」と、ガンダムお台場に立つ!]の続きを読む
iTunes Genius恐るべし
DithyrambosDithyrambos
(2006/11/22)
MEG

商品詳細を見る
iTunesにはGeniusという機能がある。
選択した曲と似た曲を、iTunesのライブラリから探して来る機能である。
その程度のことで「天才」は言い過ぎだろ!と思っていた。
しかし、iTunes Storeと組むと、天才的商売人かもしれない。
[iTunes Genius恐るべし]の続きを読む
iPhoneOS3.0でのメモ帳の同期
ついにiPhoneOSの3.0がリリースした。
OSがバージョンアップすると、無料で新しい機能が楽しめるのが、携帯電話ではないiPhoneの良いところだ。
ボイスレコーダー追加された、コピペが出来るようになった、横書きでメールが打てる、など若干地味だが、追加された機能が多い。
メモの同期機能もそのひとつである。
[iPhoneOS3.0でのメモ帳の同期]の続きを読む
お金の学校
勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー
(2009/04/14)
勝間 和代

商品詳細を見る
サブタイトルは「サブプライムに負けない金融リテラシー」である。
サブプライムに負けまくっている身としては、知っておいて損のない教養に違いない。
[お金の学校]の続きを読む
KAPPA
KAPPA (徳間文庫)KAPPA (徳間文庫)
(2009/02)
柴田 哲孝

商品詳細を見る
柴田哲考のトンデモ本(と個人的に呼んでいる)。
今回のテーマはKAPPAである。
なかなかしっかりした冒険小説だったりする。
[KAPPA]の続きを読む
野生の呼び声
野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)野性の呼び声 (光文社古典新訳文庫)
(2007/09/06)
ジャック ロンドン

商品詳細を見る
犬を主人公にした古典なので、名犬ラッシーのようなほのぼの系かと思ったら、予想外にハードボイルドだった。
読者の野性も呼び起こされるような作品である。
[野生の呼び声]の続きを読む
英語で手帳をつけてみる
英語で手帳をつけてみる英語で手帳をつけてみる
(2009/03/23)
石原 真弓

商品詳細を見る
日々書き込んでいる手帳を英語でつければ、イヤでも英語に親しむことが出来る。
なかなか面白い発想である。
それに手帳に書くような短い文章ならば、英語にしても難しくないかもしれない。
[英語で手帳をつけてみる]の続きを読む
自分の答えのつくりかた
自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND
(2009/05/22)
渡辺 健介

商品詳細を見る
自分の考え方をどのように作るかを、物語と方法論の解説で教えてくれる一冊である。
赤魚のお話が、意外に泣かせる。
[自分の答えのつくりかた]の続きを読む
CISA(公認情報システム監査人)試験
CISA(公認情報システム監査人)試験に行って来た。
選択問題とはいえ、休憩なしで4時間200問は、既に人間のすることではない。
これで自由な生活に戻れるので、まずは目出たい。
[CISA(公認情報システム監査人)試験]の続きを読む
MacBook Airのファンがうるさい
やっぱりMacBook Airのファンの音がうるさい。
ネットで調べてみると、それなりに話題になっている問題らしい。
Appleのサポートページで調べてみても対策はのっていない。
対処方法の説明のあるブログを発見したが、ハードルが高そうだ。
[MacBook Airのファンがうるさい]の続きを読む
狭山湖サイクリング2009
多摩湖・狭山湖の周りを走るのも3回目である。
昨日まで雨は無事にやんで、夏のような陽気になった。
下り中心のコースで、木陰が多かったこともあって、恐れていたほど暑くはなかった。
[狭山湖サイクリング2009]の続きを読む
妖怪アパートの幽雅な日常2
妖怪アパートの幽雅な日常〈2〉 (講談社文庫)妖怪アパートの幽雅な日常〈2〉 (講談社文庫)
(2009/03/13)
香月 日輪

商品詳細を見る
妖怪アパートシリーズの第2巻である。
マンガのように読み易く、その分、1冊の内容は薄い気がする。

妖怪アパートに戻って来た夕士は、ひょうなことから「魔道書」を手に入れ、妖魔を使役するための過酷な修行をする羽目に成る。
今後は、夕士の魔道師としての成長物語となるのだろう。
楽しみである。
iAntiVirus
iAntiVirusこの頃、MacBook Airのファンがうるさい。
むかしより、すぐに回り始める気がする。
「アクティブモニタ」で調べて見ると、何もしていないのにCPUがフルフル使われている。
どうも原因は、iAntiVirusのようだ。
[iAntiVirus]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。