Akaike's Life Archive
本、映画、旅行、自転車、そしてユビキタスの日々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年末温泉
2008年末温泉01

去年までとは違い、今年買い替えたセレナが4WDでないのもあって、今年の年末温泉は、雪を避けて、西寄りを攻めることになった。
「天空海遊の宿末広」と「奥天竜不動温泉佐和屋」である。
[2008年末温泉]の続きを読む
スポンサーサイト
Magic Tree House2-8
The Knight at Dawn (Magic Tree House)The Knight at Dawn (Magic Tree House)
(1993/01)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る
相変わらずMagic Tree Houseシリーズにハマっている。
しかし、1冊が30分くらいで読み終わってしまうので、いちいちレビューを書いていられない。
ある程度まとまってから感想を書くことにした。
[Magic Tree House2-8]の続きを読む
ドレスデンファイル3
ドレスデン・ファイル3―血塗られた墓― (ハヤカワ文庫 FT (485))ドレスデン・ファイル3―血塗られた墓― (ハヤカワ文庫 FT (485))
(2008/12/20)
ジム・ブッチャー

商品詳細を見る
シリーズ3作目にして断然面白くなる作家も珍しい。
冒頭から、今までの地味な展開が嘘のような盛り上がりである。
[ドレスデンファイル3]の続きを読む
ストロベリーナイト
ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
(2008/09/09)
誉田 哲也

商品詳細を見る
猟奇殺人事件を女刑事が追う!
やたら売れている警察小説。
残念ながら、趣味ではなかった。
[ストロベリーナイト]の続きを読む
痩身マッサージ?
友人の紹介でマッサージに行って来た。
余り目的もなかったので、体重を減らしたい、とリクエストした。
話には聞いていたが、やはり痛い。
[痩身マッサージ?]の続きを読む
大人のための偉人伝
大人のための偉人伝 (新潮選書)大人のための偉人伝 (新潮選書)
(1989/07)
木原 武一

商品詳細を見る
有名な偉人ばかりだが、随分イメージが違う。
偉人のネガティブな面も描かれていることが、大人向きなのかもしれない。
[大人のための偉人伝]の続きを読む
Dinosaurs MAGIC TREE HOUSE RESEARCH GUIDE
Dinosaurs: A Nonfiction Companion to Dinosaurs Before Dark (Magic Tree House Research Guide)Dinosaurs: A Nonfiction Companion to Dinosaurs Before Dark (Magic Tree House Research Guide)
(2000/07/25)
Will Osborne

商品詳細を見る
世界的なベストセラー「マジックツリーハウス」シリーズの副読本である。
様々な時代や場所を舞台とするこのシリーズの、テーマに興味を持った子供たのために、更に突っ込んだ解説をしている。
これが、なかなか侮れない。
[Dinosaurs MAGIC TREE HOUSE RESEARCH GUIDE]の続きを読む
地球の静止する日
地球の静止する日―SF映画原作傑作選 (創元SF文庫)地球の静止する日―SF映画原作傑作選 (創元SF文庫)
(2006/03/23)
レイ ブラッドベリシオドア スタージョン

商品詳細を見る
なぜか今更リメイクされた「地球の静止する日」の公開に合わせて発売された、SF映画の原作&ノベライズの短編集である。
セレクションが素晴らしい。
幻の「キルドーザー」が収録されている!
[地球の静止する日]の続きを読む
Mac側で編集出来るiPhone用エディタMobileStudio
iPhoneのテキストエディタとしては、iNoteが軽快で良い。
残念な点は、Mac側でテキストの編集が出来ないことだった。
ブログの記事などは、iNoteで入力した後で、メール送信すれば良い。
しかし、何度も校正したい文書等は、やはりMac側でも編集したい。
そんな時には、MobileStudioを使う。
[Mac側で編集出来るiPhone用エディタMobileStudio]の続きを読む
ブログの記事一覧を表示する
時間があったので、久しぶりにFC2ブログを研究してみた。
まずは、全ての記事の一覧表示から。
ブログは日付ベースで作成するので、過去の記事が忘れ去られてしまう。
過去の自分の行動というか、履歴をチェックするためにも、一覧が欲しかった。
[ブログの記事一覧を表示する]の続きを読む
フリーソフトでいこう!
たまにしか使わないソフトでも、バージョンアップするとなると、その費用もばかにならない。
Macで使っているソフトも、OSがバージョンアップする度に、各アプリメーカーに税金を納めることになってしまう。
これは辛いので、基本的にフリーソフトへ移行することに決定した。
[フリーソフトでいこう!]の続きを読む
代表的日本人
対訳・代表的日本人対訳・代表的日本人
(2002/10)
内村 鑑三

商品詳細を見る
「人のためにすることをしなさい」と教えられたのは、小学校の道徳の時間が最後だったような気がする。
いつの間にか、世の中は、お金儲けが出来る人が偉いような風潮になっている。
内村鑑三による「代表的日本人」は、日本人としての、人の正しいあり方を思い出させてくれる。
[代表的日本人]の続きを読む
乗り換え案内[有料版] for iPhone
以前から便利に使っていた「乗り換え案内」が、有料版のリリースに伴い、無料版のサービスが停止するかもしれないというので、有料版を購入した(ちょっと古い話)。
機能的にはたいして変わらないが、驚くべき機能を発見した。
[乗り換え案内[有料版] for iPhone]の続きを読む
Dinosaurs Before Dark
Dinosaurs Before Dark (Magic Tree House)Dinosaurs Before Dark (Magic Tree House)
(1992/07)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る
amazonでは1,500円以上買うと、送料が無料になる。
だから、1,500円に届かないと、ついつい一緒に買うものがないか、探してしまう。
恐ろしいシステムだ。
そんな数合わせのために買ったのが、この本である。
これが、意外に拾い物だった。
[Dinosaurs Before Dark]の続きを読む
螺鈿迷宮
螺鈿迷宮 下 (角川文庫)螺鈿迷宮 下 (角川文庫)
(2008/11/22)
海堂 尊

商品詳細を見る
チームバチスタから続く医療ミステリーシリーズの外伝である。
田口、白鳥の凸凹コンビのうち、グチ外来の田口はほとんど出て来ないが、ロジカルモンスター白鳥は健在である。
何より、噂の氷姫が初登場する!
[螺鈿迷宮]の続きを読む
やる気のスイッチ!
やる気のスイッチ!やる気のスイッチ!
(2008/11/21)
山崎 拓巳

商品詳細を見る
この頃、とてもやる気がない。
歳のせいかとも思ったが、前向きに生活するために、この本を買ってみた。
書いてあることは、当たり前のことが多いが、イラストも含めてセンスが良く、とても読み易い。
[やる気のスイッチ!]の続きを読む
村上式シンプル英語勉強法
村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける
(2008/08/01)
村上 憲郎

商品詳細を見る
Googleの副社長(日本人)による、シンプルな英語学習法である。
とってもシンプルで分かり易い。
だからといって、時間がかからないわけではない。
[村上式シンプル英語勉強法]の続きを読む
みんなが幸せになるホ・オポノポノ
ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方
(2008/09/30)
イハレアカラ・ヒューレン

商品詳細を見る
「ハワイに伝わる癒しの秘法」ということだが、私には怪しい新興宗教か、迷信にしか思えない。
amazonのベストテンに入っていたので購入してみたが、組織票を使えば簡単に瞬間的なら上位入りが出来るので、あまり信用出来ない。
[みんなが幸せになるホ・オポノポノ]の続きを読む
さあ、才能に目覚めよう
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン

商品詳細を見る
自分の才能を見つけ出し、その強みを活かした生き方を薦める本である。
弱みを強化するのではなく、生まれながらに持っている強みを活かしてこそ成功出来る、という考え方だ。
[さあ、才能に目覚めよう]の続きを読む
深海のイール

深海のYrr 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1) (ハヤカワ文庫NV)深海のYrr 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1) (ハヤカワ文庫NV)
(2008/04/23)
フランク・シェッツィング

商品詳細を見る

巨大な怪物が海から襲って来るパニック小説かと思ったら、壮大なスケールのSFだった。
本書の中でも引き合いにだされているけど、「コンタクト」+「アビス」+「ディープインパクト」という感じである。
ハリウッド的アクションシーンも多いが、ドイツの小説なのでひと味違う。
[深海のイール]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。